SkyTime

航空券の種類を知ろう!

航空券には、様々な種類がありますので、賢く利用するには、それらを知っておくことが必要です。
まず、正規運賃ですが、これは、国際航空運送協会、IATAが決めているもので、ノーマルとも言います。金額は、年間を通じて変動せず、購入先によっても変わりません。安くはない代わりに、1年間有効で、変更や払い戻しができます。
次に、IATAペックス。これは正規より安く、航空会社共通の運賃なので、IATA加盟航空会社であればどこでも選ぶことができますが、変更はできません。
そして、航空会社が出している正規割引。ゾーンペックスとも言い、IATAペックスより安くなります。早割などの場合は更に安いのですが、基本的には利用便の変更はできません。また、往復とも同じ航空会社を使うこと、予約から72時間以内の購入が義務づけられています。
最後に、格安航空券。これは、旅行会社が金額を決めているもので旅行会社でしか購入できませんが、最もお得な料金設定になっています。金額や制約については販売元によって違いますが、原則、払い戻しはできませんし、取り消しには手数料がかかります。
このように、何を優先するかによって、どの航空券を選ぶのかは変わってきます。わからない場合は、旅行会社に相談してみるのも良いかもしれません。

航空券の買い方を知ろう!

距離がある場所への旅行や出張に欠かせないのが航空券ですが、航空券には航空会社だけではなく、その中でも色々なクラスや種類があります。
従来からの日系の航空会社は、日本全国であまりメジャーでない地方都市にも就航していることが多く、そういった際には便利です。難点としては料金が挙げられますが、これは1泊宿泊をセットにした形のツアータイプを利用するなどして対応すると良いでしょう。
外資系のエアラインは、その会社によって得意なエリアも違いますし、機内サービスなども各国のカルチャーが表れている点が面白いと言えます。外資系エアラインのエコノミークラスの航空券を購入したい場合には、日本の旅行会社で探すと良いでしょう。また、海外のメジャーな都市まで出てしまってから、そこから地元に強いエアラインのフライトを購入することも出来ます。
その他に最近普及してきているのが、LCCと呼ばれる、直接販売型の格安なフライトです。こちらは電車に乗る感覚で乗ると、期待外れになることもないでしょう。多くの畿内サービスが有料であったり、予約関連のサービスや機内サービスが簡素だったりしますが、国内のビジネスでない旅行であればあまり苦にはならない程度のことが多いです。海外でも、それぞれのエリアにLCCはありますので、現地で必要があれば探してみると良いでしょう。

ネットで航空券を探そう!

旅行や仕事で飛行機を使うときは、まず航空券を手に入れなければなりません。しかし、最近はインターネットが発達したので、飛行機の航空券を簡単に手に入れることができるようになりました。
インターネットで航空機のチケットを探す方法としては、航空チケットを販売しているサイトを検索します。サイトが見つかったら、旅行に行く日程、出発地、到着地、時間などを記入して検索すると希望とするチケットを購入することができます。しかし、必ずしも希望とする日程のチケットが売り切れの可能性もありますし、料金についても異なってきますから、一つのサイトだけでチケットを選ぶのではなく、複数のサイトから料金などを比較することによって、より安い料金の航空機のチケットを買える可能性が高くなります。
また、インターネットの場合は、クレジットカードでの決済をすることができるという点も大きな特徴です。ですから、以前は空港でわざわざチケットを現金で購入していた時代に比べるとだいぶ便利になったということが言えるでしょう。クレジットカードの場合は、現金での支払いの手間がなくなるだけではなく、ポイントがついたり、割引を受けることもできたりしますから、普通にチケットを購入するよりも、より安くチケットを購入することができます。

ネットでの航空券の検索なら、このような各航空会社を比較したサイトを使えば、格安の航空券チケットを、スムーズに購入することもでき、大変便利だと言えるでしょう。

航空券のアップグレードって?

座席のクラスを、搭乗者が知らないうちにアップグレードされるケースがあります。どういったときにそのようなことが起こるのかというと、エコノミークラスの座席がオーバーブッキング状態になった際に、ワンランク上のビジネスクラスに移動するということです。もちろん自動的にビジネスクラスに移動したといっても、追加料金を航空会社からとられるというは無いので安心してほしいです。ビジネスクラスに移ったら、その分座席も広くなるので足を伸ばしやすくなりますし、食事のクオリティもかなり高くなります。飲めるシャンパンとかワインのレベルもかなり高くなります。上記のようなケースはあまり頻繁に起こるわけではないですが、座席クラスのアップグレードの一種であることは確かです。

特定の航空会社のマイレージクラブに加入して、一定以上のマイルをためることによって、航空券のアップグレードをすることも可能です。マイルを使うとどの座席に座れるようになるのかや、マイルの有効期間を、航空会社のウェブサイトに掲載されている一覧表で確認できるようになっているので、それをチェックしておくことで自分の持っているマイル交換の有効期間を無駄にせずに済みます。

航空券の席の指定はできる?

どうせ旅行に出掛けるのならば、出来るだけ快適で楽しい旅にしたいと考える人が多いものです。そしてそんな快適な旅を実現するためには、飛行機を使った旅行というのも非常に魅力的であり、おすすめです。というのも飛行機の旅が魅力的な理由の一つとしてはまず、短時間で遠方に旅行に行く事が出来るので、移動手段としてやはり素晴らしいと言えます。更に飛行機による旅と言えば、客室乗務員によるもてなしといった点も快適だったりします。
そんな空の旅ですが、より快適に楽しく過ごすには景色を楽しめる窓際か、或いは海外旅行等の長時間の場合、機内を移動し易い通路側等、希望する座席も様々なだったりします。そして同乗者がいれば、やはり横並びの座席を確保して楽しく会話を弾ませながら、空の旅を楽しみたいものです。
そんな風に好みの座席を確保するために、飛行機の座席指定は出来るのか、という問題ですが、それは航空券を購入する際のタイミングによると言えます。というのも最近では航空券も、インターネット用いて簡単に予約する事が可能となっています。そしてネット予約では、基本的に空いている座席を指定して予約する事も可能であるので、予約を開始して間もない段階ならば、自分好みの席を指定して選ぶ事も可能です。

SITEMAP